愛上陸

イジラレ~復讐催眠~ 第1話 あらすじ紹介

\検索窓に”イジラレ”と検索/

/会員登録なし!たった5秒で即読み\

  1. 上のボタンをクリックしてFANZA電子書籍TOP画面に移動
  2. 検索窓に『イジラレ』と入力し検索
  3. 作品ページに飛んだら無料試し読みをクリック

 

イジラレってどんな話なんだろう?
あらすじなんかが知りたいな。
無料試し読みできるサイトもあれば
教えて欲しいな。

 

こんな悩みを持つ方にお答えします。

 

この記事を読めば・・・

  • 第1話のあらすじ
  • 主な登場人物
  • 無料で試し読みができるサイト

これらがわかるようになります。

 

無料で試し読みができるサイト紹介では、

”実際に購入するといくらかかる?”というのも書いています。

 

購入される際は参考にしていただければと思います。

それでは早速みていきましょう!

 

 

目次
  1. イジラレ~復讐催眠~ 第1話 主な登場人物
  2. イジラレ~復讐催眠~ 第1話 あらすじ紹介
  3. イジラレ~復讐催眠~ 第1話 感想
  4. イジラレ~復讐催眠~ 口コミ・レビュー
  5. イジラレ~復讐催眠~を無料試し読みできるサイト
  6. イジラレ~復讐催眠~を電子書籍で購入するときのおすすめサイト
  7. イジラレ~復讐催眠~以外のおすすめ作品紹介

イジラレ~復讐催眠~ 第1話 主な登場人物

 

田崎君 : 女子更衣室でオナニーしているところをみつかり奴隷にされる

野上いずみ : いじめっ子で田崎を財布がわりに使うも催眠術にはまり・・・

日向紗英(ひなたさえ) : 日焼けした肌とショートカットが目印のJK

真田美菜子(さなだみなこ) : 大人しめのお嬢様風のJK

 

イジラレ~復讐催眠~ 第1話 あらすじ紹介

 

『あれー!?田崎くんじゃーん!偶然だねぇ〜!』

 

「の・・・野上・・・さん?!」

 

何かにおびえながら声のする方に振り向く男子こそ、

この作品の主人公、田崎だ。

 

声の主はクラスメイトの野上いずみだ。

 

「・・・見つかってしまった・・・」

 

『こんなところで・・・何してるの〜♪』

 

そう、ここは誰もいないはずの女子更衣室、

男である田崎がこんなとこにいるはずがない。

 

野上は片手にスマホを持ち、

その後ろにはニヤついた笑みを浮かべながら、

日向紗英真田美菜子が立っていた。

 

『へ・ん・た・い・くん♪』

 

野上の手にあるスマホの画面には

何かを嗅ぎながら女子更衣室でオナニーする田崎の姿が映し出された。

 

・・・この日から田崎は、この3人の奴隷になった。

 


 

『ねぇ、なんで2万しかないわけ?』

 

そう言いながら田崎を足蹴にするのは野上だ。

いいわけする田崎に容赦無く問いつめた。

 

『知らないし、そんな事』

『変態オヤジかババァに体売るとか色々あるでしょ!?』

 

女子更衣室で捕まってからというもの、

田崎は野上を中心に毎日毎日こき使われ、

こうしてお金もたかられていたのだった。

 

足蹴にされながら視線を野上に向ける田崎、

すると野上の太ももの間からパンティがチラ見していた。

 

「こいつら性格は最悪だけど・・・顔と体はなかなか・・・」

 

野上はその瞬間を逃さない。

田崎が自分のパンティに見とれていることがわかると、

きつい1発を田崎の股間めがけて蹴り上げた!!

 

悶絶する田崎にさらに追い打ちをかける野上、

そしてこう言い放った!!

 

『あんたは犬!下僕なのっ!汚いものおったててるんじゃないわよっ!』

 

そういうと野上は田崎の股間を踏みにじるっ!

田崎が悶絶する姿に野上も興奮してきた様子だ!

 

『ゾクゾクするっ・・・!ほらっ!もっと泣けっ!!ほらぁ!』

 

エスカレートしていく野上を日向紗英はあきれた目でみつめる。

『いずみってほんとドSだよねぇ〜』

 

それに応えたのはもう1人の友人、真田美菜子だ。

『昔から人の嫌がる顔みるの好きだったからねぇ』

 

『いいオモチャが手に入って嬉しそう・・・』

 

3人は田崎をいじめ倒した後、教室を去った。

「くそっ・・・いい気になりやがって!!」

 

田崎ができる復習・・・

それは妄想の中で3人をハメ倒すことくらい・・。

 

決定的な動画を握られている以上、

田崎に3人へ抵抗する手段はなかった。

 

そう、あの日までは。

 


 

『あぁ!もう何よこれ!?何が催眠術よっ!!』

そう怒りをあらわにするのは野上だ。

 

転校するクラスメイトの送別会でやる余興として、

催眠術のミセモノを選んだのだ。

 

言い出したのは野上だった。

 

「催眠術なんてあるわけねーじゃん。バカなんじゃないの 笑」

そう心の中で田崎は野上をあざ笑っていた。

 

そのとき、野上が言った。

「ちょっと田崎、アンタやってみなさい」

 

野上はかけられた側から何かを探り出したいようだ。

そうして言われるがまま、

田崎は見よう見まねで催眠術を3人に掛けた。

 

「まずはこの・・・ライターの火をよくみてください」

 

半信半疑で田崎の術を覗き込む3人、

田崎が気づいたのは催眠術を放った直後だった。

 

「えっ!?・・・みなさん?」

「からかって・・・るんですよね!?」

 

明らかに催眠術をかける前の雰囲気とは全く違う。

3人の視線は遠くを見つめ、

ただひたすらぼぉっとその場に座り込んでいる。

 


 

 

「はぁっ・・・はぁあ!・・・はぁ!!」

田崎の精液が胸をあらわにした3人のおっぱいへと勢いよく飛んだ。

 

田崎はよろこんだ。

まさか自分にこんな才能があったとは・・・。

 

催眠にかかったことをいいことに、

田崎は3人の服を脱がせ、

野上の髪をひっぱり自分の肉棒を顔へ押し当てる!!

 

「普通に犯すだけでは腹の虫がおさまらないっ!

何か・・・何かないか!!?

 

こいつらの自尊心を傷つけ、

俺自身が気持ちよくなる方法はっ!?」

 

そう思いながら田崎が見つめた視線の先に

さっき読んだ催眠術の本が横たわっていた。

 

「暗示・・・認知操作?

そんなこともできるのか・・・!?」

 

『ふざけんなっ!!』

野上の大声で紗英と美菜子は我に返った。

 

『起きたっ!?ちょっと聞いてよ!!

こいつっ!私たちが寝ている間に例のデータ削除したのっ!!』

 

どうやら田崎は催眠術で野上のスマホを解除、

そして握られていた例のデータを削除することに成功したらしい。

 

当然そのことを知った野上は怒り狂った。

これがないと田崎をこれからも脅せない!

 

弱みを失った田崎は強気にでた。

「やめてくださいよ・・犬扱いは・・もう僕は・・・」

 

そう言いかけた田崎を野上が突き飛ばした!

 

田崎が倒れかかった先に美菜子と紗英が待ち構え、

手首を抑えてこう言った。

 

『おとなしくしてね 笑』

 

2人に抑えられ、身動きが取れない田崎、

そこへ野上が詰め寄った。

 

『アンタもバカよね・・・もっと恥ずかしい写真を撮ればいいだけじゃない』

 

そういいながら野上はなんと、

自分の制服を脱ぎ出し、

靴下だけのすっぽんぽんになってしまった!!

 

「何をするつもりなんです・・・?」

震えながらも笑みをこぼす田崎がそうきいた。

 

『セックスに決まってるでしょ!

付き合ってもいない女子に犯される、

男子にとってはこれ以上もない屈辱をね!!』

 

そう、3人は認知操作の催眠により、

完全に支配されているのだ。

 

わざとらしく抵抗する田崎に対し、

野上が下着を脱ぎ捨て歩み寄った。

 

そして田崎の前で立ち止まるとそっとかがみ、

いきりたった肉棒を手に取りこう言った。

 

『たっぷり愛してあげるから安心しなさい・・・まずはお口で・・・』

 

そういって野上が田崎の肉棒を口に含もうとしたその瞬間、

ひどい臭いが野上の鼻を突き刺した!!

 

田崎はどうやらこの作戦を実行するために、

数日前からムスコを洗うのをやめていたようだ。

 

ひどい悪臭とともにチンカスがこびりついている。

 

『たっぷり気持ちよくさせて・・・屈辱を味あわせてやるっ!』

 

そういうと野上は悪臭を放つ田崎の肉棒を咥えた。

グチャ・・・グチャ・・・ヌボッ・・・ズチュッ・・・

 

いやらしい音がそこら中に響き渡る。

嫌がるそぶりをみせながらも、田崎は快感に浸った。

 

『あーあ、いずみの口マンに食べられちゃったね〜』

 

レロレロレロ・・・ジュルウルル〜

 

丁寧な舌遣いで田崎のチンカスはキレイに舐め取られた。

野上も感じているのか、アソコからは愛液がしたたり落ちる。

 

野上の舌先は肉棒を転がし、

田崎はそれによがった。

 

ジュルル・・・と音を立てて野上が頬張る。

一滴たりとも逃すまいと、舌先にまで田崎のチンカスを這わせた。

 

『はい・・・ごちそうさま!』

 

口でのお掃除が終わると、

田崎に肉棒は天をついてさらに勃つっ!

 

そのいきり立った肉棒を野上はすかさず秘部へといざなった。

 

『ほぉ〜ら・・・入っちゃう・・・

早く逃げないと・・・犯されちゃう〜』

 

あまりの野上の変態っぷりに圧倒される田崎、

催眠を掛けているとは知っているものの、

エスカレートする野上のエロさに驚きを隠せなかった。

 

「あ、あの・・・コンドームは!?妊娠しちゃいます・・・よね!?」

 

『はぁ?・・・妊娠する・・・つもりなんですけど!?』

 

そういうと野上は挑発を続けた。

『許してほしい・・・?生意気言ってごめんなさいってあやまれば・・・?』

 

そうして5秒のカウントダウンが始まった。

5・・・4・・・3・・・2・・・

 

ズッッッップゥッ・・・・!!?

 

その瞬間、田崎の肉棒は野上に入り込み、

ありえない柔からさと暖かさで包まれた。

 

『気持ちいいでしょ・・・たっぷり味わいなさいっ!』

 

そういうと田崎の上で野上が動き出したっ!

野上のあそこが田崎の肉棒を刺激するっ!!

 

その度に田崎はこれまで経験したことのない快感に浸った・・・。

 

『はぁ・・・はぁ・・意外に頑張るじゃない・・・

それじゃ・・・そろそろ本気で・・・』

 

吐息を漏らしながらも野上が激しさを増す・・・

『我慢してないで・・・中に・・・出せっ!・・パパになっちゃえ!!』

 

自分から田崎の唇を吸い、

気持ちをさらに高揚させていった!!

 

腰つきはより激しさを増し、

それと同時にズチョッ!!ヌチュッ・・・ズポッ!!という音も響く!

 

「ああっ・・出る!!!出ますっ!!」

 

『あんたも・・もう終わりねっ!私の子宮に!ぶちまけなさいっ!!』

 

「ああああ・・・でるっ!!ででるっ!!射精ぅ〜!!!!」

 

田崎はとうとう果ててしまった。

初めて経験したセックスの快感に、これまでない量の精液を放出した。

 

精液は野上の子宮を覆い尽くし、

その量の多さは野上自身にも伝わった。

 

『すっごい量・・・妊娠・・・確実だね。おめでとう、パパさん♪』

 

果てた田崎、

初めて経験したセックスに言葉はなかった。

 

仰向けに倒れこみ、

野上との余韻に浸っていた。

 

『何終わった気になってんの?・・・まだ種付、2人残ってるんですけど?』

 

まだだ・・まだここではない。

もっとも3人が絶望する瞬間、

1番残酷なタイミングで真実を知らせるんだ・・・。

 

僕の復讐はまだ始まったばかりなのだから・・・。

 

第2話へつづく・・・

イジラレ~復讐催眠~ 第1話 感想

 

野上の悪女っぷりがこの作品の核ですね。

ここまで性格悪い女子高生が、

催眠術に掛かってど変態に変貌していくところは最高でした!

 

自分から肉棒を口にし、舐め回す・・・。

そしてあそこへあてがい、

妊娠することを目標に田崎をハメ倒すなんて設定がエロすぎですね。

 

従順にいやよ!いやよ!といいながらヤられるパターンより、

こういった感じで襲いかかる悪女というのはめちゃくちゃ抜きがいあります。

 

淫語攻めもいいんですよ、これ。

『我慢してないで・・・中に・・・出せっ!・・パパになっちゃえ!!』

『あんたも・・もう終わりねっ!私の子宮に!ぶちまけなさいっ!!』

こういったフレーズも最高です!

 

絡みシーンは文句ない作品ですね。大満足でした!

 

今後は日向紗英と真田美菜子との展開が待っています。

エピローグまで含めると全7話、

まだまだ熱い展開が待ってそうで期待大です。

 

イジラレ~復讐催眠~ 口コミ・レビュー

 

私以外の口コミ・レビューをご紹介します。

いろんなサイトのぞいて感じたのですが、

やはりネガティブコメントが少ないですね。

 

箱ティッシュ、いつの間にかなくなったエピソードには笑いました。

 

作品紹介の煽り文句に偽りなし。
まさに射精不可避の傑作。

高慢な同級生たちを催●術とチンポを使って、めちゃくちゃにする話であるが、実によく出来ている。
凡百の催●術モノとは一線を画していると断言出来る。
読者の感情を随所に上手く昂らせており、作者二人の実力がうかがえ知れる。

催●術って好きじゃないんだけどなあ。
という読者もいるだろうが、読まず嫌いは損をする。
10歳の頃から30年近くエロ漫画を読み続けているが、トップテンに入る傑作。
とにかく射精したいんだという読者は絶対に買うべし。

FANZA電子書籍 シマウマンさんのレビュー

 

購入した。そこまでは憶えている。その後、気がつけば大量のスコッティの山の数々・・・。スコッティ・・・俺は何を・・・。

FANZA電子書籍 せXさんのレビュー

 

絵は上手ですし、話も一貫性があってわかりやすい。雑誌連載マンガとしては優秀でしょう。しかし、単行本でまとめて読むとゲップがする。話とページ数のバランスが取れてない。まったく同じリアクションしかしない女性キャラを3人も出す理由もなくて、ヒロイン1人だけで、短くまとめた方がよかったと思う。

Amazon INOUE Akihiroさんのレビュー 2019年4月1日

 

イジラレ~復讐催眠~を無料試し読みできるサイト

 

私も利用している無料試し読みのサイトをご紹介します。

 

サイトによって紹介しているページ数に違いがありますので、

購入される前には読み比べるのをおすすめします。

 

FANZA電子書籍で無料試し読みする方法

  • こちらをクリックし、FANZA電子書籍トップへ移動
  • 検索窓に”イジラレ”と入力しクリック
  • 表示された商品の中から”イジラレ”をクリック
  • 商品画像の下にある”無料サンプル”をクリック

以上で10ページ分、無料で試し読みをすることができます。

 

イジラレ~復讐催眠~を電子書籍で購入するときのおすすめサイト

 

FANZA電子書籍

アダルトジャンル全般を楽しみたい方におすすめ!

ネットでアダルトコンテンツ楽しもうとおもったらこちらです。
とにかく商品数が半端じゃありません。

FANZAの最大の魅力は商品数もそうですが、

  • アダルトビデオ
  • 同人エロ漫画
  • 写真集
  • エロゲーム

といった幅広いジャンルのエロを楽しめるという点です。

今回紹介した電子書籍以外に、
こうしたアダルトジャンルを楽しみたい方におすすめです。

ちなみに今回紹介した”イジラレ”ですが、
FANZA電子書籍では1,320円で販売中です。

 

 

イジラレ~復讐催眠~以外のおすすめ作品紹介

 

まずは女子高生から奴隷扱いされる作品から!

https://www.u-work.jp/ojyousama-01/

 

次にJKジャンルでトップを走るのはこちらの作品。

https://www.u-work.jp/karami01/

 

逆にツンデレJKを犯したおすのはこちらの名作!

揺れるロッカーJK入り!?の第1話あらすじ紹介揺れるロッカーJK入り!?の第1話あらすじ紹介になります。勝気な女子高生光井愛華が同じクラスメイト、上田礼司と思いもよらぬ形で掃除道具入れで二人きりになってしまいます。先生に見つからないように息を殺す二人。しかし、密着した二人の間に変な空気が流れ、ついには光井愛華の股間に上田の手が忍び寄っていき、最後には・・・。...